乳腺と脂肪

乳腺脂肪がついて発達した場合、
稀に男性でも胸が大きくなる事があります。

その場合乳腺と脂肪を切除して治すのですが、
その方法を乳腺脂肪切除術といいます。

乳房は乳腺の発達によって脂肪量が決まります。
一般的に欧米人が乳腺の割合が多いタイプなのに対し、
日本人は脂肪の割合が多いといわれています。

欧米人のバストが大きくて
ピンと張っているのが多いのはそれが原因です。
日本人のバストは柔らかく、形が崩れやすいんですね。

男性からすると柔らかいほうが
良いのかも知れませんが、
女性にとっては形が崩れるのは切実です。
常にバストをケアしないと年齢とともにバストが
垂れ下がってくる恐れがあります。


タグ:乳腺 脂肪

乳腺とバストアップの関係

乳腺乳首のすぐ側を囲んでいる部分で、
乳頭まで作られた乳汁を運ぶ乳管と、
乳汁を分泌する小葉とで構成されているものです。

乳管と小葉はブドウの房のようになっていて、
それをひとつの単位としたものが腺葉といいます。
その腺葉が15〜20個集まって、乳頭へ伸びています。

この乳腺はバストアップのためには重要な器官で、
乳腺を刺激することで女性ホルモンの分泌が
増えてバストアップするといわれています。

妊娠すると胸が大きくなるのは、
この女性ホルモンの働きによるものです。

この女性ホルモンが活発になる時期は、
乳管が大きくなりバストが張ります。

乳房の成長について

乳房はいわゆる「おっぱい」の事で、
バストそのものをさします。

哺乳類のメスの多くはこの乳房を持ち、
子に乳を授けるための器官として
重要な役割りを果たしています。

乳房とは脂肪のことなので、
そのままでは垂れ下がってきます。

これを支えているのがクーパー靭帯や大胸筋です。
乳房をマッサージしたり、大胸筋を鍛えることで
バストアップが望めます。

Tannerがバストの発育を分類した方法によると、
全部で五段階に分類される。

第一期では乳頭だけが突出し、性差別はない。
第二期から脂肪が蓄積し、乳房がふくらみはじめる。
第三期では乳輪にも色が着き、外見上での差が見えはじめる。
第四期では乳輪が盛り上り、バストが作られる。
第五期で完全に女性成人型になる。

この発育する段階で生活習慣の悪影響があると、
女性ホルモンの分泌に異常があらわれ、
乳房が成長しないことがあります。


関連記事:
バストアップ体験にチャレンジ!
バストアップキャンディ

極端なダイエットはダメ

体脂肪は増えすぎてもいけませんが、
脂肪は生きていくためのエネルギー源なので、
少なすぎても良くありません。

女性の一般的な体脂肪率は、
17〜25%が理想とされています。

それを下回りすぎると、
排卵異常や生理の異常が起こる可能性が高くなります。

体脂肪率は肥満を測るバロメーターで、
体重のうち脂肪の割合が何%かを示した値です。

その他で有名な計算方法がBMIです。
BMIとは身長と体重の比率から肥満かどうかを判定する、
最も一般的な肥満の判定法で、

体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

で算出されます。
一般的にはBMIが19.8〜24.2の間なら理想とされています。

それを下回ると病気になりやすくなったり、
女性ホルモンの分泌に異常が発生し、
バストも小さくなってしまう恐れもあります。

極端なダイエットは百害あって一理なしです。

下半身肥満

肥満は基本的に病気ではない場合は、
体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。
その際あまり体重の多さは関係ありません。

筋肉や骨で体重が重くなっていて、
体脂肪率が低い場合は肥満とは呼ばないわけです。

逆に体重や見た目が標準でも体脂肪の割合が
通常より多い場合は「隠れ肥満」とも言い、
これは肥満の扱いになります。

下半身肥満皮下脂肪型肥満と呼ばれ、
女性に多く見られる日本人女性の典型的な体型です。
「洋ナシ型肥満」とも言われる下半身太りのタイプです。

男性の中年太りと違い、肥満による合併症は起こしにくく、
健康上での問題は少ないと言われています。

加齢と共に、ホルモンの分泌が変化して体脂肪が増えると、
筋肉が落ちてゆき、皮膚にもハリがなくなり、
バストやヒップが垂れ下がってしまいます。

予防するには、余分な脂肪をためないことと、
適度な筋肉をつけておくことが必要となってきます。
無理なダイエットをすると逆に下半身太りが加速し、
バストも落ちかねないので適度に運動しましょう。

エストロゲンとプロゲステロン

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンで、
排卵直前の受胎可能な日に最も多く分泌され、
男性の受け入れ態勢を心身ともに作るところから
発情ホルモンと呼ばれています。

思春期の頃からバストが膨らむのは
エストロゲンによるもので、
脂肪細胞を増やして女性らしい体つきを作っていきます。


プロゲステロンは妊娠のためのホルモンで、
排卵が起こると分泌が盛んになります。
2週間程度分泌され、子宮が受精卵をいつでも
受け入れられるように準備を整えます。

月経前になるとバストが張った感じになるのは
プロゲステロンの働きですが、
年齢を重ねるにつれ、分泌が少なくなっていきます。
そのためバストが萎縮していきます。


この2つの女性ホルモンが活発になると乳管が大きくなり、
バストが張って、触れると痛いことがあります。
この時期がバストアップの最大のチャンスです。

バストの仕組み

バストの大きさに重要なのは乳腺です。
乳腺が発達しているほど豊かなバストになります。

乳腺とは、乳頭まで作られた乳汁を運ぶ乳管と、
乳汁を分泌する小葉とで構成されているもので、
それらがブドウの房のようになっているのを
ひとつの単位としたものが腺葉といいます。
その腺葉が15〜20個集まって、乳頭へ伸びています。

この乳腺の発達に重要なのは女性ホルモン。
女性ホルモンは卵巣でつくられ、
思春期の頃から活発になります。
そしてピークは達するのは25〜30代です。

女性ホルモンには2つの物質があり、
エストロゲンは女性らしさを作るためのホルモンで、
プロゲステロンは妊娠のためのホルモンです。

これらの働きが一体となって、
バストをつくりだしているわけです。

乳腺と脂肪の関係

バストの大きさに関わっているのが乳腺脂肪です。
乳腺は乳頭に集まっていて、月経の周期にあわせて
膨張と収縮を繰り返しています。
だから月経前になるとバストが張った感じがします。

乳腺の発達でバストの大きさはきまります。
乳腺の発達は女性ホルモンの影響がありますが、
バストサイズが小さいからといって
女性ホルモンが少ないわけでもありません。

バストアップするには、
まず生活習慣を見直してみる必要がありますね。
特に食生活には気を配りましょう。

バランスの良いバストになるためには、
タンパク質、ビタミン、酵素などをバランス良く摂った
質の良い食事が大切です。
タグ:乳腺 脂肪

バランスの良いバストになるために

バストは赤ちゃんにお乳をあげるためだけではなく、
男性を惹き付けるセックスシンボルとしての役割もあります。

だからこそ皆バストアップをめざしたり、
美しいバストを求めているのです。

そのバストの脂肪細胞はクーパー靭帯(じんたい)と呼ばれる、
鎖状に繋がった繊維が10%と、残りは脂肪でできています。
その10%の繊維がバストのハリを保ち、支えています。

この靭帯の弾力が衰えると、バストが垂れ下がってきます。

また、バストアップのためにたくさん食べても、
胸は大きくなりません。他の部分の脂肪とは異なり、
バストの脂肪は乳腺の発達で増加するからです。

バランスの良いバストになるためには、
タンパク質、ビタミン、酵素などをバランス良く摂った
質の良い食事が大切です。

特にタンパク質が不足すると、
その分を筋肉が補おうとしますので、
体脂肪率も高くなってしまいます。

間違っても、過食・・・または逆に
極端な食事制限は避けてください。

理想のバストとは

理想のバストとはどんなものでしょうか?

バストは大きければ良いというものではありません。
大きいに越したことはないのですが、
形が美しいことも重要です。

それでは理想と言われるバストの条件は何か?
まず大きさは「身長×0.53」が理想と言われています。
例えば155センチの人なら
155×0.53=82.15センチという事になります。

思ったより小さめかも知れませんね。

次にバストの形ですが、
半球型が理想だと言われています。
正面から見た時のバストの直径と、
横から見た時の高さがほぼ同じくらいのふくらみです。

その際大きさと形のバランスとしては、
鎖骨の中心から線を結んで、
左右のバストトップまで三角形を描くときに
正三角形になるのが「黄金比率」と呼ばれ、
最も美しいといわれています。
タグ:バスト 理想

バストアップと女性ホルモン

バストアップには女性ホルモンが関係しています。
それでは女性ホルモンとは何でしょうか。

女性ホルモンは卵巣から分泌される物質の事で、
エストロゲンプロゲステロンという2つの物質があります。

エストロゲンは女性らしさを作るためのホルモンで、
プロゲステロンは妊娠のためのホルモンです。

女性らしい体つきや生理、肌や髪・・・
それ以外にも自律神経や骨にまで関わっています。
もちろんバストの成長にも重要な役割りです。

バストアップも様々な方法はありますが、
まずは女性ホルモンを活発にしないと効果は薄いので、
生活習慣をまず見直し、健康な体になってこそ
美しいバストを作ることができるということを
忘れないでください。

バストの構造

バストアップのために、バストの構造も知っておきましょう。
バストの形状や大きさは脂肪以外では
乳腺組織と大胸筋で構成されています。

バストの大きさはこの乳腺と脂肪が影響しています。
乳腺とは、乳頭まで作られた乳汁を運ぶ管と、
乳汁を分泌する組織とで構成されているもので、
年齢とともに脂肪に変わってしまいます。

その乳腺を囲むように脂肪があり、
そしてそれを支えているのが大胸筋というわけです。

思春期の頃から女性ホルモンが活発になってきます。
それにともない、乳腺もふくらみ、脂肪がついて
バストが大きくなっていきます。

その大事な思春期に、なんらかの影響で女性ホルモンが
活発でない場合や、極端な食事制限や偏食を行なうと、
バストが成長しなかったり、形が悪くなったりします。

健康的で美しいバスト

バストアップを願う気持ちはわかります。

「バストアップしたい」
「美しいバストになりたい」

このような願望は誰しも持っていると言っても
おかしくないでしょう。

やはりそのためには一番は健康的な体を作る事。
女性の体は元々バストが大きくなるようになっています。
バストが大きくならないのは、うまく体の機能を
使っていないからなのです。

そのためには何が必要なのでしょうか?

結局遠回りに見えても、バランス良い食事と適度な運動、
そして充分な睡眠が一番効果的です。
不健康な人は美しいバストは手に入りません。

適度に筋肉が鍛えられる事で、
ひきしまったスリムなボディラインが実現できます。
また、ストレスをためない事も大切です。

とにかく夜更かし、喫煙、暴飲暴食は避け、
常にストレスをためずリラックスした生活習慣を心がけましょう。
極端に食事制限をしたダイエットでは
脂肪だけでなく筋肉もおちます。
ただ痩せるだけでは意味がないので勘違いしてはいけません。
美しく痩せてひきしまった体になってこそ
美しいバストが実現できるのです。

バストアップを目指す!

バストアップは女性ならほとんど誰もが願っています。
豊かで美しいバスト、ほどよく張りのあるキレイな胸・・・
これらは憧れですよね。

まずは何故バストが大きくならないのかを
知る必要がありますね。

これを知らないとバストアップの結果も違います。
では具体的にどのようなバストアップの方法があるのでしょう。

バストアップにはサプリメントや食品以外にも、
クリームやジェル、体操があり、
またブラジャーのフィットやバストの手入れ
などでも効果が違います。

ただ、ひとつ言えるのは体が健康なほど、
美しいバストの人が多いということです。

バランスのとれた食事と適度な運動は効果的です。
ただし継続する事が大切なので、極端な食事制限や
ハードな運動はやめておきましょう。
足りない分の栄養はサプリメントで補ってもいいでしょう。

そして意外と見逃しがちなのが、下着です。
大きさや形にあっていないブラジャーを身に付けていると、
形が歪んだり、成長の妨げになったりしますので、
下着の見直しも試してみましょう。

大胸筋をきたえる

バストの土台となる存在の大胸筋は、
バストを支える役割りをしています。

バストの大きさに関しては、
乳腺とバストの皮下脂肪が重要な役割りを持っています。

でもそのバストを支える大胸筋がなければ、
どんどん垂れ下がってきます。
バストが大きくても、いえ、大きいほど
それを支える大胸筋が重要になってきます。

バストアップするには大胸筋をきたえる事が効果的です。
手軽な方法は合掌のポーズです。

両手のひらを拝むように合わせて、
バストの高さまで肘を張ります。
そのまま手のひらをお互いに押し合うように
10秒ほど力を入れて頑張ります。

それをワンセットとして20回くらい繰り返します。
また、出来る人は腕立て伏せや、
ダンベルを使ってのエクササイズも効果的です。

ただし無理せず自分のペースで行ないましょう。

五大栄養素とは?その3

・ビタミン

ビタミンは成長や体の維持には欠かせない
大切な栄養素のひとつですが、
ビタミンそのものにはカロリーはないんです。

ビタミンは特定の酵素と結合してその働きを助けます。
生理機能を調節し、新陳代謝を活発にします。

ビタミンは1日に必要な量はそれほど多くありません。
しかし自分自身では作り出す事ができないため、
食事などから日常的に摂取する必要があります。

無理なダイエットや、片寄った食事でビタミン不足になると、
食べたものの消化や吸収がいまくいかず、
疲れやすくなるのをはじめ、様々な障害がでてきます。


・ミネラル
  
ミネラルも体内で合成する事ができない重要な栄養素です。
無機質とも言われ、カルシウムや亜鉛など
人間の生命活動にはかかせない金属元素です。

元素とはそれ以上分解する事ができない基本の単位です。

ビタミンが元素からつくられる有機化合物であるのに対し、
ミネラルは元素そのものというのが違いです。

水素、酸素、炭素、窒素を除いた残りの元素がミネラルで、
人間の体の4%がこのミネラルだといわれています。

五大栄養素とは?その2

それでは順番に五大栄養素を見ていきましょう。


・タンパク質

タンパク質は三大栄養素のひとつでもあります。
アミノ酸が集合体になったものです。
その組み合わせで皮膚や筋肉、骨や血液・・・
さらに酸素なども構成しています。

体内にタンパク質が入ると、
消化され、一度アミノ酸に分解されます。
それから再度筋肉や骨等の様々な部分を作るために、
それぞれの種類のタンパク質に作りかえられます。

体重の20%はタンパク質がしめており、
1グラムあたり4キロカロリーのエネルギーを持っています。

「プロテイン」って聞いた事ありますよね?
実は日本語に訳すとタンパク質の事なんです。


・炭水化物

この炭水化物も三大栄養素のひとつです。
炭水化物は糖質で、単糖類、二糖類、多糖類の3種類があります。

二糖類と多糖類は、
唾液の酵素や小腸の酵素によって
多糖類に分解され、小腸から吸収されます。

そのうち単糖類と二糖類は分解・吸収が早く、
血糖値もあがりやすいので、
中性脂肪も合成されやすくなります。

逆に多糖類は吸収が遅いため、
血糖値もあがりにくく、中性脂肪もゆっくり作られます。


・脂質

最後の三大栄養素です。
脂質とは脂肪の事で、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーです。
1グラムあたり9キロカロリーの熱を発します。

脂質の中には、
自分自身では作り出せない必須脂肪酸というものがあり、
これは食事等から摂取しなければなりません。

脂肪を忌み嫌う人は多いですが、
生きていく上では必要なものなのです。

五大栄養素とは?

バストアップ・・・そして
バストの美しさを保持する事。

それに五大栄養素は密接な関係です。

飽食の現在、肥満等でダイエットする人は多い。
それは摂取している栄養素が片寄っているからだ。
特定の栄養素に限っては逆に
栄養失調になっているかも知れません。

バストアップのためだけではなく、
健康を維持するためにも、
五大栄養素を理解したうえできっちりと
栄養を摂取する事が重要になってきます。

五大栄養素とは?

タンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素に
ビタミンとミネラルを加えたものが五大栄養素です。
これらは全て、私達が生きていく上で
必要不可欠な栄養ばかりです。

これらの栄養素はそれぞれ関連しあってますので、
バランス良く、しかも継続的に摂取しなければなりません。
美しく豊満なバストになるためにも不可欠です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。