続発性無月経

妊娠をしていない状態で、
3ヶ月以上生理がこない事を無月経と言います。

無月経には2種類あり、
18歳になっても初潮がはじまらない状態を
原発性無月経と呼ぶのに対し、
こちらは続発性無月経と言います。

続発性無月経になってしまった場合は
まずは何が原因であったかを考える必要があります。

生活習慣の乱れ、ストレス、極端なダイエット
等原因は様々です。

ストレスが原因の無月経をストレス性無月経、
ダイエット等で体重が減った場合を
体重減少性無月経と呼んでいます。


光豊胸でバストアップ!

光豊胸は特殊な光を胸全体に照射することによって、
脂肪細胞や女性ホルモンを活性化させ、
バストアップしながらハリや潤いを保った
自然で美しいバストにするバストアップ施術法です。

「メスを使わないバストアップ」として
最近話題になっています。

光豊胸の特徴は、脂肪だけでなく
クーパー靭帯(じんたい)までも強化するため、
ピンとハリのあるバストにする事ができると
言われているのです。

また、ストレスや急激なダイエットなどで
バランスの崩れた女性ホルモンの分泌を
活性正常化させる効果もあります。

痛みも副作用もないと言われる光豊胸を
詳しく知るならこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
光豊胸 光豊胸

メスを使わないバストアップ施術法

バストアップの為の主な施術法は
脂肪注入術やバッグ挿入術ですが、
いずれも体にメスを入れる事は避けられない
バストアップ施術です。

しかし最近「メスを使わないバストアップ」
として話題になっている最先端のバストアップの
技術が存在しています。

それが光豊胸です。

光豊胸は特殊な光を胸全体に照射することにより、
脂肪細胞や女性ホルモンを活性化させて
バストアップしながらもハリや潤いを保った
自然で美しいバストにするバストアップ施術法です。


関連記事:
光豊胸でバストアップ!

アンダーバストについて

アンダーバストとは、
乳房の下側の胸との付け根の部分の事です。

トップバストとアンダーバストの差がカップ数になるので
トップバストとアンダーバストの差が大きいほど、
バストのサイズも大きい事になります。

トップバストのサイズを保ちながら、
ダイエット等でアンダーバストのみを
サイズダウンする事ができれば
結果的にバストアップになります。

また、周囲の脂肪を落とす事によって、
ボディラインにメリハリができると
バストの美しさが引き立ちます。

トップバストについて

トップバストとは
乳房のふくらみが最も大きい部分です。

アンダーバストとの差がカップ数になります。

ダイエットするとバストの脂肪まで
少なくなってしまい、
トップバストがサイズダウンしてしまう事もあります。

しかしやみくもに食べても太るだけで
バストが大きくなる事はないので、
良質なたんぱく質を摂取するようにしたり、
乳腺を発達させる事を考えるとトップバストのサイズが
維持でき、ダイエットによってトップとアンダーの差が
広がると相対的にバストアップできる事にもなります。

バストアップマッサージ4

・バストアップマッサージの注意点

バストアップマッサージの基本は優しく軽くです。
バストアップマッサージはやり過ぎてもいけないので、
適度に、かつ継続的にしてください。

長時間やればいいというものではないので、
さぼった分をチャラにできません。

特にリンパマッサージは腋の下以外でも
美容やダイエットなどに効果がありますが、
リンパは繊細なので、強く圧迫したりすると、
逆に流れを滞らせてしまいます。

また、入浴中のマッサージは危険なので
やめましょう。
参照リンク:
入浴中のマッサージは危険!

入浴中よりも入浴後がベストです。
血行も良くなっているので効果的です。

バストアップマッサージ3

・腋(わき)の下リンパマッサージでバストアップ

リンパマッサージはリンパドレナージュともいい、
滞ってしまったリンパ液の流れをスムーズにする事で、
新陳代謝を促進し、デトックス効果が得られます。

バストアップだけでなく、美容・健康には
効果的なマッサージです。

この腋(わき)の下のリンパは特に、流れが滞りやすいと
言われていますので有効です。


腋(わき)のくぼみを優しく軽く撫でるように
マッサージします。

このときリンパの流れに逆らうと逆効果になりますので、
心臓に向けてマッサージしてください。

バストアップマッサージ2

・乳房マッサージでバストアップ

乳房マッサージは、
乳房の血行が良くなり、乳腺を刺激する事で
バストアップの効果がありますが、
乳首や乳輪も柔らかくなるので
授乳の際にも役立ちます。

また、乳がんのしこりを早期発見する
きっかけにもなります。

乳房をマッサージする方法は色々あるのですが、
基本は両手で行ないます。

片一方の手で乳房を支え、そこにもう一方の手を
あてがって弧を描くイメージでやさしく
マッサージします。

バストの形を押しつぶさないように注意してください。

バストアップマッサージ1

・大胸筋マッサージでバストアップ

大胸筋マッサージは
バストを支えている大胸筋の血行を良くし、
バストが垂れるのを防ぎます。

片手を広げて親指以外の指を
反対側の脇の下にはさむように添えます。

そのまま親指で肩の付け根から
バストにかけて圧迫するようにマッサージします。

同様に反対の手でマッサージし、
左右で同じ数になるように行ないます。

お風呂あがりがマッサージに最適です。
あまりやりすぎると逆効果ですので、
毎日ではなく2〜3日空けて実行しましょう。

バストアップに効果的なツボ15

輙筋(ちょうきん)バストアップに
効果があると言われているツボのひとつで、
足の少陽胆経(あしのしょうようたんけい)という
経絡(けいらく)に属しています。

輙筋(ちょうきん)は脇のすぐ下にあるツボで、
真下よりも指1本分乳房側に位置します。

足の少陽胆経は目から足の薬指に終わる流れで、
体の側面を通ります。

バストアップ以外にも、喘息や嘔吐などに
効果があると言われています。

バストアップに効果的なツボ14

関元(かんげん)バストアップや、
ボディラインをキレイにするなど、
美容に関係のあるツボです。

関元(かんげん)は奇経(きけい)任脈(にんみゃく)という経絡に属しています。

関元(かんげん)は正中線上にあり、
おへその指3本分程度下に位置します。

生理痛や生理不順を解消する効果や、
胃腸の調子を正常にしてくれると言われています。

バストアップに効果的なツボ13

巨闕(こけつ)バストアップに
効果的なツボのひとつで、
奇経(きけい)任脈(にんみゃく)とう
経絡に属しています。

巨闕(こけつ)は正中線上にあり、
剣状突起の指2本分下に位置します。

剣状突起とはみぞおちの下にある
しこりのような骨です。

巨闕(こけつ)はバストアップ以外にも、
消化器系や不眠、難聴、肩こり、
精神疲労など様々な効能があります。

バストアップに効果的なツボ12

身柱(しんちゅう)バストアップに
効果的なツボのひとつです。

身柱(しんちゅう)は奇経(きけい)督脈(とくみゃく)という経絡に属し、
第3胸椎と第4胸椎の間にあります。

ちょうど背骨にあるツボです。

脳神経の調整や呼吸器、子供の万病に
効果があると言われています。

また集中力のアップや、精神系の病にも
効果があると言われています。

バストアップに効果的なツボ11

肺兪(はいゆ)バストアップや、
体全体のラインをキレイにする効果があるツボです。

肺兪(はいゆ)は足の太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)
という経絡(けいらく)に属しているツボで、
左右の肩甲骨の内側にあります。

背骨(第3胸椎)をはさんだ両側
指1.5本分程度ずらした左右の位置にあります。

足の太陽膀胱経は目から足の小指に終わる流れで、
背中を通ります。足や腰、排尿等に関する経絡です。

冷え性の解消や、バストアップ、新陳代謝の促進、
呼吸器系の調整する効果があります。

バストアップに効果的なツボ10

天枢(てんすう)バストアップに効果が
あると言われています。

天枢(てんすう)は足の陽明胃経(あしのようめいいけい)
という経絡(けいらく)に属しているツボで、
おへそから指2本分程度ずらした左右の位置にあります。

足の陽明胃経は目から足の人差し指に終わる流れで、
お腹、消化器や顔の治療などに関する経絡です。

胃腸が原因の口内炎や、慢性的な胃の不調などに
効果があると言われています。

天枢(てんすう)は女性ホルモンの分泌を
調整してくれますので、バストアップにも効果があります。

バスト・乳首の黒ずみ

バストや乳首の黒ずみメラニン色素が原因です。
メラニン色素は表皮にあるメラノサイトという
細胞から分泌される色素で、
チロシナーゼという酵素の働きによって
黒くなっています。

メラノサイトはメラニン色素を生成する事から、
色素細胞とも呼ばれる事があります。

メラニン色素はチロシンという物質から
変化するのですが、その時に働く酵素が
チロシナーゼです。

このチロシナーゼの活性を抑える事で、
バストや乳首の黒ずみ等を防ぐグッズも販売されています。

色素沈着

色素沈着とは、メラニン色素が増大し、
蓄積した事により、しみやそばかす、
くすみなどになった事です。

色素沈着は、
皮膚のシワや外気にさらしている部分、
衣服等の摩擦がある部分によく起こります。

主な原因は紫外線と、衣服等の摩擦です。

色素沈着は体質にもよりますが、
加齢とともに増加するほか、
ホルモンバランスの異常によるものや、
肝機能の低下によって解毒できない老廃物等が
沈着する場合もあります。

生活習慣が悪化するとくまなどの
色素沈着が起こりやすくなりますので、
規則正しい生活をおくるように心がけましょう。
タグ:色素沈着

紫外線

紫外線とはご存知の通り、
直接人体に浴び続けると有害な光線です。

強力な殺菌力を持っているので、
健康な細胞まで殺してしまいます。

紫外線はUVと言われていますが、
「Ultraviolet(ウルトラバイオレット)」
を略したもので、「紫を超えた」という意味です。

我々の目に見える光は可視光線と呼ばれていますが、
紫外線は波長が短いため目に見えない光線です。
可視光線は波長の長い順に
赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7つの色に分解できます。

最も波長の短い「紫」よりも短いので、
それを超えるという意味で紫外線と呼ばれます。

ビタミンCは紫外線によるダメージを緩和しますので、
できるだけ摂取しましょう。
タグ:紫外線

メラニン色素

メラニン色素バストについても天敵です。
メラニン色素とは、体内に存在する
黒色の色素の事で、皮膚や毛、
目の結膜等に存在しています。

紫外線やストレス、カフェインの摂取過多等で
メラニン色素が増大するとシミの原因になります。

本来は有害な紫外線から細胞を守るために、
メラノサイトという細胞が分泌します。

しかしその色素が沈着する事で、
バストや乳首などが黒ずみになるのです。

メラニン色素は元々は無色なのですが、
チロシナーゼという酵素の働きによって
メラニン色素の酸化反応を促進され、
黒くなります。

バストアップに効果的なツボ9

膈兪(かくゆ)バストアップに効果的なツボで、
足の太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)
という経絡(けいらく)に属しています。

足の太陽膀胱経は目から足の小指に終わる流れで、
背中を通ります。足や腰、排尿等に関する経絡です。

膈兪(かくゆ)は肩甲骨の辺りにあり、
背骨から指2本分ずらした左右にあります。

このツボはバストアップ以外にも
色々な効用があります。

膈兪(かくゆ)の膈は横隔膜を意味し、
しゃっくりを止めるときにも効果があります。

また、膈兪(かくゆ)は別名血会(けつえ)と呼ばれ、
月経不順などの血に関する病に効果があると
言われています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。