遅筋(赤筋)を鍛えてバストアップ

筋肉には遅筋(赤筋)速筋(白筋)があります。
バストアップダイエットに関するのは
そのうち遅筋(赤筋)が重要です。

遅筋(赤筋)は主に持久力に関する筋肉で、
有酸素運動など、長時間継続できる運動などに
使われる筋肉です。

遅筋(赤筋)は鍛えても太くならないので、
ムキムキになるのを心配する必要はありません。

それどころか、遅筋(赤筋)を鍛えれば
脂肪がつきにくい体になっていきます。

ただし年とともに衰えやすいのは速筋(白筋)なので、
結局はバランス良く鍛えるのが良いみたいです。


脂肪注入法でバストアップ

脂肪注入法とは、自分の余分な脂肪を吸引し、
その脂肪を胸に注入してバストアップをはかる方法です。

大抵はやせるために脂肪吸引したついでに
バストアップするために同時並行で行なう事が多いようです。

余分な脂肪を減らしながらバストアップができるので
一石二鳥ですが、バッグを入れるのとは違い、
サイズアップするには限界があります。

また、注入した脂肪の全てがバストになるわけではなく、
半分程度の脂肪は吸収されてなくなってしまいます。

吸引してバストアップする

ブラバ(BRAVA)のように吸引する事で
バストアップする器具が存在します。

今では吸引するタイプの器具も
色々研究されているのでブラバ(BRAVA)の
二の舞にはならないでしょうけど、
粗悪品には注意しましょう。

中には吸引しながら低周波を流すものもあり、
新陳代謝を活発にするそうです。

ただし、このような器具に頼りながら、
生活習慣が悪化したままでは本末転倒です。
一番重要なのは生活習慣を正す事ですから。

ジェルバッグでバストアップ

ジェルバッグという人工の乳房を
手術によって埋め込んでバストアップする方法は
豊胸術についての記事で書きました。

その際に使用される豊胸バッグの中で、
一時期主流となったものがジェルバッグです。

ハイドロジェルバッグやシリコンジェルバッグ等
いくつかの種類が存在していますが、
シリコンバッグはバッグが破損し
中身のシリコンが漏れ出した場合の
発がん性の問題等の為使用認可が取り消された事から
今ではほとんど使用されていないようです。

また、ハイドロジェルバッグもイギリスで
使用禁止になった為日本でも慎重になっているようです。

低周波でバストアップ

低周波でバストアップする方法があると
前回書きましたが、そもそも低周波って何でしょうか?

低周波とはその名の通り、周波数の低い波です。
波といっても音波もあるし、電波もあるので、
単に低周波といっても、その単語だけでは判別できません。

これを勘違いしている人が多いので、
低周波の話でかみ合わない事があります。

音波と電波では全然違いますから、
低周波の話をする場合はまずこれを明確に
しないといけません。

ここでいう低周波は電波の事です。

低周波の電流でバストの周囲の筋肉を刺激する事で、
新陳代謝を活発にする方法です。

光豊胸でバストアップ!

光豊胸は特殊な光を胸全体に照射することによって、
脂肪細胞や女性ホルモンを活性化させ、
バストアップしながらハリや潤いを保った
自然で美しいバストにするバストアップ施術法です。

「メスを使わないバストアップ」として
最近話題になっています。

光豊胸の特徴は、脂肪だけでなく
クーパー靭帯(じんたい)までも強化するため、
ピンとハリのあるバストにする事ができると
言われているのです。

また、ストレスや急激なダイエットなどで
バランスの崩れた女性ホルモンの分泌を
活性正常化させる効果もあります。

痛みも副作用もないと言われる光豊胸を
詳しく知るならこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
光豊胸 光豊胸

メスを使わないバストアップ施術法

バストアップの為の主な施術法は
脂肪注入術やバッグ挿入術ですが、
いずれも体にメスを入れる事は避けられない
バストアップ施術です。

しかし最近「メスを使わないバストアップ」
として話題になっている最先端のバストアップの
技術が存在しています。

それが光豊胸です。

光豊胸は特殊な光を胸全体に照射することにより、
脂肪細胞や女性ホルモンを活性化させて
バストアップしながらもハリや潤いを保った
自然で美しいバストにするバストアップ施術法です。


関連記事:
光豊胸でバストアップ!

肩甲骨とバストアップ

肩甲骨を鍛える事もまた、
バストアップには効果的です。

肩甲骨とは、左右の肩の裏側にある骨で、
ちょうど逆三角形の形をしています。

肩甲骨の筋肉を鍛える事で、
正しい姿勢を保つ手助けをします。

肩甲骨を内側に絞るようにすると
背筋も伸びます。また、腕を動かす事で
肩甲骨周辺の筋肉も鍛えられますので、
ダンベル体操などを適度に行なうと効果があります。

ボディビルダーのような筋肉になるためではないので、
やりすぎても意味がありません。
やりすぎて筋肉を痛めないようにしましょう。

背筋とバストアップの関係

背筋バストアップは関係があります。
正しい姿勢はあらゆる点で効果があります。

キレイなバストを保つためにも、
背筋を伸ばす事は大切です。
背筋はバストアップには重要な筋肉なのです。

筋肉は周辺の筋肉同士で連動しているので、
背筋に近い筋肉を同時に鍛えると
より効果的です。

例えば腹筋と背筋を同時に鍛える事で、
ウエストの引き締め効果もあり、
バストアップに相乗効果があります。

鍛えるといっても、特別な事をせず
正しい姿勢を保つだけでも効果的なのです。


関連記事:
猫背の弊害
バストアップと整体

バストアップと整体

バストアップ整体は効果的です。
骨格が歪んでいると疲れやすくなったり、
余計な部分に脂肪がつきやすくなります。

骨格の歪みの原因は主に姿勢の悪さです。
姿勢が悪いと骨格だけでなく、
筋肉や内臓にも負担がかかり、体に良くありません。

バストアップの為に整体に通うのも効果的ですが、
まずは日常生活での姿勢の悪さを正すほうが
あらゆる点で効果があります。

また、姿勢を正す事によって血液やリンパの流れも
良くなりますし、ピンと背筋を伸ばす事で
身長も高く見えます。

背中が丸まって前かがみになっていては
バストも小さく見えてしまいますので、
正しい姿勢になる事でバストアップにもなるのです。


関連記事:
猫背の弊害
背筋とバストアップの関係

豊胸術について

豊胸術には主に2種類あり、
ひとつは自らの脂肪を注入する方法と、
もうひとつは豊胸バッグをバストに埋め込む方法です。


脂肪を注入する方法は、
痩せたい部分の脂肪吸引を行なったついでに
その脂肪をバストに注入して、
バストアップをはかる方法です。

また、バストに豊胸バッグを埋め込む方法ですが、
豊胸バッグにも色々種類があります。
主に以下のバッグが使われています。


・クリスタルバッグ

新技術を使用したシリコン製のバッグで、
従来のバッグに比べると耐久性に優れています。
その柔軟な特性は感触や外観の仕上がりも抜群です。

・バイオセルバッグ

三重構造の皮膜を利用する事で、
従来のバッグに比べてもさらにシリコンが
漏れにくい構造となってます。それに加え、
非常に柔らかい感触のシリコンバッグの一種です。

・CMCバッグ

特殊製法による継ぎ目がなく耐久性の優れた
シリコンバッグです。中身に使用されているのは、
ハイドロジェルという天然の水溶性物質の一種で、
「カルボキシ・メチル・セルロース」といいます。

・コヒーシブシリコンバッグ

シリコンバッグの一種で、
人口臓器などの医療製品にも使用されている
安全性の高いシリコン製の極薄バッグに、
さらに米国FDA認可の安全性の高いシリコンが
結合状態で入っています。

・生理食塩水バッグ

生理食塩水とは体液の浸透圧に近い塩水の事で、
点滴などにも使われています。
この生理食塩水を完全無菌処理を施した
極薄のシリコンバッグの中に注入したものです。

無月経とバストアップについて

妊娠をしていないのに、
なかなか生理がこないことがあります。
妊娠をしていない状態で、
3ヶ月以上生理がこなければ無月経と呼び、
女性ホルモンが分泌されない異常事態です。

通常「無月経」と呼ぶのはこちらの無月経ですが、
正確には続発性無月経と呼んでいます。

それに対して、
18歳になっても初潮がはじまらない状態を
原発性無月経と呼んでいます。
先天的な原因も考えられますので、
15歳までに初潮がこない時は注意が必要です。

続発性無月経になる原因は様々ですが、
生活習慣やストレスが主な原因でしょう。

極端なダイエットや職場でのストレスなどで
ホルモンのバランスに異常が出た場合には、
すみやかに原因を明らかにして対処しましょう。

排卵とバストアップについて

排卵バストアップにも密接な関係があります。
排卵とは、女性の生理周期のうち1周期に1回
卵巣から卵子が放出される事で、
唯一妊娠が成立するタイミングでもあります。

排卵のメカニズムによって、
多くのホルモンが分泌されます。
このホルモンの分泌によって、
周期がコントロールされています。

排卵前にはエストロゲンとプロゲステロンという
2種類の女性ホルモンが多く分泌されますが、
この2種類の女性ホルモンが分泌されている
排卵〜生理までの時期が、
バストアップの最大のチャンスなのです。

妊娠という女性として最大のイベントの
準備をする時期ですから、
それも当然なのかも知れませんね。

極端なダイエットはダメ

体脂肪は増えすぎてもいけませんが、
脂肪は生きていくためのエネルギー源なので、
少なすぎても良くありません。

女性の一般的な体脂肪率は、
17〜25%が理想とされています。

それを下回りすぎると、
排卵異常や生理の異常が起こる可能性が高くなります。

体脂肪率は肥満を測るバロメーターで、
体重のうち脂肪の割合が何%かを示した値です。

その他で有名な計算方法がBMIです。
BMIとは身長と体重の比率から肥満かどうかを判定する、
最も一般的な肥満の判定法で、

体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

で算出されます。
一般的にはBMIが19.8〜24.2の間なら理想とされています。

それを下回ると病気になりやすくなったり、
女性ホルモンの分泌に異常が発生し、
バストも小さくなってしまう恐れもあります。

極端なダイエットは百害あって一理なしです。

バストアップと女性ホルモン

バストアップには女性ホルモンが関係しています。
それでは女性ホルモンとは何でしょうか。

女性ホルモンは卵巣から分泌される物質の事で、
エストロゲンプロゲステロンという2つの物質があります。

エストロゲンは女性らしさを作るためのホルモンで、
プロゲステロンは妊娠のためのホルモンです。

女性らしい体つきや生理、肌や髪・・・
それ以外にも自律神経や骨にまで関わっています。
もちろんバストの成長にも重要な役割りです。

バストアップも様々な方法はありますが、
まずは女性ホルモンを活発にしないと効果は薄いので、
生活習慣をまず見直し、健康な体になってこそ
美しいバストを作ることができるということを
忘れないでください。

健康的で美しいバスト

バストアップを願う気持ちはわかります。

「バストアップしたい」
「美しいバストになりたい」

このような願望は誰しも持っていると言っても
おかしくないでしょう。

やはりそのためには一番は健康的な体を作る事。
女性の体は元々バストが大きくなるようになっています。
バストが大きくならないのは、うまく体の機能を
使っていないからなのです。

そのためには何が必要なのでしょうか?

結局遠回りに見えても、バランス良い食事と適度な運動、
そして充分な睡眠が一番効果的です。
不健康な人は美しいバストは手に入りません。

適度に筋肉が鍛えられる事で、
ひきしまったスリムなボディラインが実現できます。
また、ストレスをためない事も大切です。

とにかく夜更かし、喫煙、暴飲暴食は避け、
常にストレスをためずリラックスした生活習慣を心がけましょう。
極端に食事制限をしたダイエットでは
脂肪だけでなく筋肉もおちます。
ただ痩せるだけでは意味がないので勘違いしてはいけません。
美しく痩せてひきしまった体になってこそ
美しいバストが実現できるのです。

バストアップを目指す!

バストアップは女性ならほとんど誰もが願っています。
豊かで美しいバスト、ほどよく張りのあるキレイな胸・・・
これらは憧れですよね。

まずは何故バストが大きくならないのかを
知る必要がありますね。

これを知らないとバストアップの結果も違います。
では具体的にどのようなバストアップの方法があるのでしょう。

バストアップにはサプリメントや食品以外にも、
クリームやジェル、体操があり、
またブラジャーのフィットやバストの手入れ
などでも効果が違います。

ただ、ひとつ言えるのは体が健康なほど、
美しいバストの人が多いということです。

バランスのとれた食事と適度な運動は効果的です。
ただし継続する事が大切なので、極端な食事制限や
ハードな運動はやめておきましょう。
足りない分の栄養はサプリメントで補ってもいいでしょう。

そして意外と見逃しがちなのが、下着です。
大きさや形にあっていないブラジャーを身に付けていると、
形が歪んだり、成長の妨げになったりしますので、
下着の見直しも試してみましょう。

大胸筋をきたえる

バストの土台となる存在の大胸筋は、
バストを支える役割りをしています。

バストの大きさに関しては、
乳腺とバストの皮下脂肪が重要な役割りを持っています。

でもそのバストを支える大胸筋がなければ、
どんどん垂れ下がってきます。
バストが大きくても、いえ、大きいほど
それを支える大胸筋が重要になってきます。

バストアップするには大胸筋をきたえる事が効果的です。
手軽な方法は合掌のポーズです。

両手のひらを拝むように合わせて、
バストの高さまで肘を張ります。
そのまま手のひらをお互いに押し合うように
10秒ほど力を入れて頑張ります。

それをワンセットとして20回くらい繰り返します。
また、出来る人は腕立て伏せや、
ダンベルを使ってのエクササイズも効果的です。

ただし無理せず自分のペースで行ないましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。