乳房縮小術

乳房縮小術は、大きすぎるバストを
小さくする為の手術です。
バストアップで悩む人だけではなく、
このように大きすぎる悩みもあるのですね。

近年、食生活や生活スタイルの変化により、
体型も欧米なみのプロポーションの女性も
増えてきましたが、元々日本人のバストは
欧米人のバストと比べ、乳腺の割合が少なく
脂肪の割合が多いので形が崩れやすいんです。

バストが小さい人は、バストが大きい人を
羨ましがりますが、大きい人は大きいなりの
苦労があるし、授乳の際に障害がなければ
小さいバストが好みの男性も多いので
気にしすぎは良くないですね。


乳房挙上術

乳房挙上術とはマストペクシーのひとつで、
下垂したバスト(垂れ乳)を元に戻したり、
大きすぎるバストを小さくする手術です。

極端なダイエットをした場合にも
バストが下垂する事があります。

また、大きいバストは女性の憧れでもありますが、
その分皮膚や筋肉の緩みでハリがなくなると
下垂しやすくなります。

この場合のバストアップは胸を大きくするのではなく
バストをあげる意味でのバストアップですね。

マストペクシー

マストペクシーバストアップの手術のひとつで、
下垂したバスト(垂れ乳)を元に戻したり、
大きすぎるバストを小さくする手術です。

前述のラウンドブロック法も
マストペクシーのひとつです。

大きすぎるバストは加齢とともに
下垂しやすくなってきますので、
バストのハリが大切なのです。

また、スポーツをやっている女性の中には、
運動時に大きすぎるバストは
邪魔になる場合もあるようです。

ラウンドブロック法

ラウンドブロック法下垂したバスト(垂れ乳)を吊り上げる手術で、
乳房の余分な脂肪を取り除く手術です。

ラウンドブロック法では
乳輪の周囲のみを切開するので、傷跡も小さく
目立たない方法です。

従来の方法は傷跡が逆T字型に残り、
どうしても傷跡が目立ちやすいので
美容外科医からも敬遠されてきました。

ただし軽度な下垂の場合に適しているので、
どちらかというと簡易手術と言えます。

そしてこの手術を行なっているクリニックは
まだ少ないようです。

ティモリアン法

ティモリアン法(Teimourian法)という
陥没乳頭(陥没乳首)の手術方法があります。

このティモリアン法は陥没乳頭の手術方法としては
最も一般的な方法です。

ティモリアン法は局所麻酔してから2箇所切開し、
乳頭を引き上げてから乳頭の下で糸を橋渡しして
再び陥没しないようにする方法です。

乳頭を直接切開せずに済み、傷跡も小さいが、
重度の陥没乳頭の場合は適さない。

アンダーバストについて

アンダーバストとは、
乳房の下側の胸との付け根の部分の事です。

トップバストとアンダーバストの差がカップ数になるので
トップバストとアンダーバストの差が大きいほど、
バストのサイズも大きい事になります。

トップバストのサイズを保ちながら、
ダイエット等でアンダーバストのみを
サイズダウンする事ができれば
結果的にバストアップになります。

また、周囲の脂肪を落とす事によって、
ボディラインにメリハリができると
バストの美しさが引き立ちます。

トップバストについて

トップバストとは
乳房のふくらみが最も大きい部分です。

アンダーバストとの差がカップ数になります。

ダイエットするとバストの脂肪まで
少なくなってしまい、
トップバストがサイズダウンしてしまう事もあります。

しかしやみくもに食べても太るだけで
バストが大きくなる事はないので、
良質なたんぱく質を摂取するようにしたり、
乳腺を発達させる事を考えるとトップバストのサイズが
維持でき、ダイエットによってトップとアンダーの差が
広がると相対的にバストアップできる事にもなります。

バスト・乳首の黒ずみ

バストや乳首の黒ずみメラニン色素が原因です。
メラニン色素は表皮にあるメラノサイトという
細胞から分泌される色素で、
チロシナーゼという酵素の働きによって
黒くなっています。

メラノサイトはメラニン色素を生成する事から、
色素細胞とも呼ばれる事があります。

メラニン色素はチロシンという物質から
変化するのですが、その時に働く酵素が
チロシナーゼです。

このチロシナーゼの活性を抑える事で、
バストや乳首の黒ずみ等を防ぐグッズも販売されています。

乳輪について

乳輪黒ずみや乳輪の大きさは
バストアップとともに気になるところです。

授乳の際や、発育とともに
乳輪が広がってしまう場合があります。

また、メラニン色素の沈着などが原因で、
乳輪が黒ずむ事があります。
妊娠したときは授乳に備えて肌を保護するため
乳輪や乳首が黒ずみやすいのです。

乳輪の黒ずみはビタミンCを摂る事で
メラニンを抑制し、
黒ずみをおさえる事はできます。

また、黒ずみ解消グッズもいくつか
販売されているようです。

しかし乳輪の大きさを変えるには
美容整形手術を受けるしか方法はありません。


関連記事:
バスト・乳首の黒ずみ

乳頭について

乳頭は一言でいえば乳首の事です。
美しい理想のバストを目指す女性は
バストアップだけでなく、乳頭の悩みもあります。

乳頭と乳輪のバランスがとれていなかったり、
陥没乳頭で悩んでいる人は多いのです。

乳頭は授乳の際にも重要な部分なので、
見た目だけの問題でなく深刻な悩みです。

最終手段としては美容整形があります。
陥没乳頭の重度な場合は特に一度
医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

その他にも、授乳時以外に乳汁が分泌される
乳頭異常分泌という病気もあるようです。
がんの可能性もあり、その場合は
早期発見の手がかりにもなるので、
早めに病院へ行きましょう。

陥没乳頭

陥没乳頭とは、俗に陥没乳首と言われ、
乳頭が陥没して凹んでいる状態を言います。

普段は乳頭が陥没していても、
刺激すると突出する軽度な場合と、
刺激しても突出しない重度な場合があります。

陥没乳頭は見た目にもあまり良く思われませんが、
もっと重大なのは赤ちゃんが出来た場合の
授乳の際に障害となる場合がある事です。
陥没の度合いによっては手術の必要があります。

また、先天的な場合はともかく、
後天的に陥没乳頭になった場合は
乳がんの疑いがありますので、
医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

陥没乳頭をケアするという、
こんな商品もありますよ↓
ピペトップ(CM)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】

トップバストとアンダーバスト

トップバストとは、
乳房のふくらみが最も大きい部分で、
アンダーバストとは、
乳房の下側の胸との付け根の部分の事です。

トップバストとアンダーバストの差がカップです。
トップバストとアンダーバストの差が大きいほど、
バストのサイズも大きい事になります。

Aカップはトップとアンダーの差が10センチ前後で、
あとは2〜3センチ刻みでサイズが決まっています。

ダイエットするだけでは、
アンダーバストだけでなくトップバストまで
サイズダウンしてしまう事がありますが、
その他のバストアップ方法と併用する事で、
トップバストのサイズを維持しながら
やせることができます。

脂肪組織とは

脂肪組織という脂肪細胞が集まったものが、
皮膚と筋肉の間にあります。

脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、
蓄積をおこなう細胞で、
その脂肪細胞の中には油滴という
脂肪を貯めておく袋のようなものがあります。

食物から摂取した脂肪や糖は、脂肪酸とグリセロールに
分解され、血液に運ばれてこの油滴に貯蔵されます。 

食べた脂肪分が直接脂肪として
蓄積されると思っているのは誤解です。

バストはこの脂肪組織で9割構成されていますが、
たくさん脂肪分を摂取したからといって
バストが大きくなるわけではありません。


参考:
脂肪細胞について
脂肪増減のメカニズムとは

乳管洞とは

乳管洞とは、乳汁(母乳)をためておくところで、
ちょうど乳輪の内側にあります。

乳腺葉で作られた乳汁が乳管を通り、
乳管洞に集まります。
この部分を赤ちゃんにしっかり吸わせる事で、
母乳が良く出るようになります。

乳頭(乳首)の先だけを吸わせても
母乳はあまり出ないうえに乳頭が切れたり、
刺激でしこりができたりする事がありますので、
乳輪部までしっかりくわえてもらうように
する事が大切な事です。

乳管洞や乳腺の発達は女性ホルモンの分泌に
関連していますので、特に女性ホルモンが
活発になる妊娠時にはバストが大きくなります。

バストの形

バストの形には大きく分けて6種類あります。
もちろん細かく分けるとそれこそ無限にありますが、
一般的には6種類に分けられています。

バストの形によってもバストアップのための方法や、
豊胸術も変わってきます。

また、バストの形によって身に付けるブラの種類や、
サイズも変わってきますので、
バストアップのためにも自分にあったものを
セレクトしましょう。

◆バストの形

1)皿型(円盤型)

トップとアンダーの差が最も小さな形で、
ふくらみがなくペチャパイと呼ばれています。

2)半球型(お椀型)

人によっては理想のバストの形状とされている形で、
ボールを半分にしたような形です。

3)円錐型

人によっては理想のバストの形状とされています。
ツンととんがった美しい膨らみが非常に
均整がとれています。

4)釣鐘型

トップとアンダーの差が最も大きい形ですが、
ハリがなくなると垂れ下がってきます。
巨乳に多いタイプです。

5)下垂型1

釣鐘型と基本は同じですが、バストの下側が
胸に触れている形です。

6)下垂型2

下垂型1がさらに下垂した形で、
トップの位置が極端に垂れ下がっている。
ヤギ型とも言われています。
タグ:バストの形

胸郭について

胸郭もバストを支える土台として重要です。
胸郭とは肋骨など、胸部を覆っている骨格で、
大胸筋とともにバストアップには重要なものです。

この胸郭のうえにバストがありますが、
美しいバストを実現するためには、
胸郭が正しい位置になければいけません。

これは胸郭呼吸を行なうことで改善されます。
胸郭呼吸とは、いわば通常の呼吸なのですが、
あごを上げ、背筋を伸ばし、
下腹部ではなく胸全体を膨らませて呼吸することで
バストアップやウエストの引き締め効果が
あると言われています。

肋骨を手で押さえながら試してみましょう。
意識して胸郭を動かすことで、
骨格全体も整ってきます。

大胸筋について

大胸筋はバストを支える重要な筋肉で、
バストアップのためにも大切です。
大胸筋は物を押したりする時に使う筋肉で、
胸の上部全体を覆っています。

この大胸筋を鍛えることで、
バストが垂れ下がるのを防ぐ土台ができ、
バストアップになります。

特に日本人女性は脂肪の割合が多いので、
大胸筋が弱いとますます垂れ下がりやすくなります。
バストが大きい人は特に注意するべきでしょう。

キレイなバストは全ての女性の理想ですが、
いくらキレイなバストでも年齢とともに
形もくずれやすくなります。

日常生活の中でも充分なエクササイズは可能ですので、
大胸筋を鍛えるようにしましょう。

乳腺と脂肪

乳腺脂肪がついて発達した場合、
稀に男性でも胸が大きくなる事があります。

その場合乳腺と脂肪を切除して治すのですが、
その方法を乳腺脂肪切除術といいます。

乳房は乳腺の発達によって脂肪量が決まります。
一般的に欧米人が乳腺の割合が多いタイプなのに対し、
日本人は脂肪の割合が多いといわれています。

欧米人のバストが大きくて
ピンと張っているのが多いのはそれが原因です。
日本人のバストは柔らかく、形が崩れやすいんですね。

男性からすると柔らかいほうが
良いのかも知れませんが、
女性にとっては形が崩れるのは切実です。
常にバストをケアしないと年齢とともにバストが
垂れ下がってくる恐れがあります。
タグ:乳腺 脂肪

乳腺とバストアップの関係

乳腺乳首のすぐ側を囲んでいる部分で、
乳頭まで作られた乳汁を運ぶ乳管と、
乳汁を分泌する小葉とで構成されているものです。

乳管と小葉はブドウの房のようになっていて、
それをひとつの単位としたものが腺葉といいます。
その腺葉が15〜20個集まって、乳頭へ伸びています。

この乳腺はバストアップのためには重要な器官で、
乳腺を刺激することで女性ホルモンの分泌が
増えてバストアップするといわれています。

妊娠すると胸が大きくなるのは、
この女性ホルモンの働きによるものです。

この女性ホルモンが活発になる時期は、
乳管が大きくなりバストが張ります。

乳房の成長について

乳房はいわゆる「おっぱい」の事で、
バストそのものをさします。

哺乳類のメスの多くはこの乳房を持ち、
子に乳を授けるための器官として
重要な役割りを果たしています。

乳房とは脂肪のことなので、
そのままでは垂れ下がってきます。

これを支えているのがクーパー靭帯や大胸筋です。
乳房をマッサージしたり、大胸筋を鍛えることで
バストアップが望めます。

Tannerがバストの発育を分類した方法によると、
全部で五段階に分類される。

第一期では乳頭だけが突出し、性差別はない。
第二期から脂肪が蓄積し、乳房がふくらみはじめる。
第三期では乳輪にも色が着き、外見上での差が見えはじめる。
第四期では乳輪が盛り上り、バストが作られる。
第五期で完全に女性成人型になる。

この発育する段階で生活習慣の悪影響があると、
女性ホルモンの分泌に異常があらわれ、
乳房が成長しないことがあります。


関連記事:
バストアップ体験にチャレンジ!
バストアップキャンディ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。