バストアップ食品Fカップシリーズ

バストアップの食品として有名なFカップシリーズ・・・

その第一弾がプエラリア配合のFカップクッキーです。
Fカップクッキーはバストアップの方法として
優れているだけでなく、
食べてもおいしいバストアップクッキーです。

そしてつい最近第二弾が発売されました。
それがFカップティーです。
Fカップティーはプエラリアに加え、タンポポエキスや
特許成分である「ポリデキストロース」という食物繊維を
配合していますので、ダイエットにも良いそうです。
F・CUPクッキー (02)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】 F・CUP Tea 02【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
関連リンク:
Fカップクッキー
Fカップティー


豆腐でバストアップ

豆乳が良いなら、同じ大豆からできている豆腐バストアップには効果的なのがわかります。
もちろん豆腐にも大豆イソフラボンが多く含まれています。

イソフラボンはカロチノイドの一種で、
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることが
最近知られてきています。

豆腐はカロリーも少なく、ダイエットするにも
都合の良い食材ですので、普段から豆腐は
食べるようにしたほうが良いでしょう。

様々な栄養も含まれていますし、
消化吸収率も高いので優れた食品と言えます。

豆乳でバストアップ

豆乳がバストアップに良い事は有名ですね。
豆乳は豆腐を作る過程で生まれた、
大豆をすりつぶして搾った汁の事です。

ご存知の通り大豆にはイソフラボンという、
女性ホルモンに似た栄養素が含まれています。
肌荒れに効果的な栄養素としても有名ですね。

更年期障害のさまざまな症状や、動脈硬化や
骨粗鬆症の進行を遅らせる働きがあります。

ただし妊娠中に大豆イソフラボンは、
過剰に摂取してはいけないと言われていますので、
飲みすぎには注意しましょう。

卵(たまご)でバストアップ

牛乳が完全たんぱく食品と呼ばれるのと同様、
卵(たまご)完全栄養食品(完全食品)と
言われています。

※牛乳もそう呼ばれる事があります。

バストアップには欠かせない栄養素が
バランス良く含まれており、
中でもたんぱく質は数ある食品の中でも
最も質が優れていると言われています。

ただし本当に完全な食品と言うわけではありません。

そして牛乳と同様、やはりビタミンCと食物繊維は
不足しているので、それらを補う事で
理想的な栄養バランスの食事がとれます。

ただし古い卵は食中毒の恐れがあるので注意しましょう。


関連記事:
牛乳でバストアップ

魚介類でバストアップ

魚介類にはバストアップには欠かせない栄養素が
豊富に含まれています。

以前紹介したイワシ(参照:いわしでバストアップ)
や同じく青魚であるサバなどには
DHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれています。

貝類は高たんぱくの割りに脂質・糖質が少ないので
肥満を気にせず食べられます。

また、鮭・いくら等の赤色の魚介類に多く含まれる
アスタキサンチンはベータカロチン(beta carotene)
等と同じカロチノイドのひとつで、
抗酸化効果はベータカロチン(beta carotene)の100倍、
ビタミンE(vitamin E)にいたっては1000倍
とも言われているほどです。

肉類でバストアップ

肉類はとかく否定されがちですが、
適度に食べる事はバストアップや健康に効果的です。

肉類にはたんぱく質が豊富に含まれているため、
バストアップのみならず、生きていくうえで
重要な栄養素です。

ただし肉類にはたんぱく質以外にも、
脂肪分が多く含まれています。
バストアップといっても、あくまで必要な栄養を
必要なだけ摂取する事が大切なのであって、
肉類をたっぷり食べたからといって
バストアップするわけではありません。

バストだけでなく、他の部分にも脂肪がついては
バストアップしても台無しです。

牛乳でバストアップ

牛乳から作るチーズやヨーグルトが
バストアップに欠かせないなら、
もちろん牛乳そのものもバストアップに
良い食品なわけですね。

牛乳はたんぱく質、脂質、糖質、ビタミンA、
ビタミンB2、カルシウムなどが含まれるので
栄養素の高い飲料です。

また、生きていくのに必要な必須アミノ酸という
体内で合成できないアミノ酸を
バランス良く含んでいます。

ただし品質の悪い牛乳は含まれる栄養素が
充分でないため、できるだけ品質の良いものを
飲みたいですね。

最近は「牛乳は健康に悪い」などという極論も
ありますね。そんな牛乳論争に終止符をうってくれる
かも知れないブログがありますので一度読んでみてください。
興味深い内容ですよ。

→ 牛乳は飲まないほうがいい?

ヨーグルトでバストアップ

ヨーグルトバストアップには欠かせない
栄養素が含まれています。ヨーグルトも
チーズと同じく、牛乳から作られた食品です。

牛乳の栄養素にさらに乳酸菌が加わり、
たんぱく質やカルシウムが消化吸収されやすく
なっていますので、お腹にもやさしいのです。

言うならば牛乳と乳酸菌でダブルの栄養素が
合わさった食品という事ですね。

しかしそんなヨーグルトにも足りない栄養素が、
美容やバストアップにも欠かせないビタミンC。
それを補うためにヨーグルトに果物などを加えると、
足りないビタミンCや食物繊維が同時に摂取でき、
美味しく食べられます。


>>北海道食の旬暦へ

チーズでバストアップ

チーズバストアップに必要な
良質のたんぱく質が多く含まれている食品です。

チーズはご存知の通り牛乳から作られています。
牛乳もたんぱく質、脂質、糖質、ビタミンA、
ビタミンB2、カルシウムなどが含まれるので
栄養素の高い飲料です。

チーズにもそれらの栄養素が含まれているうえ、
乳酸菌や酵素の働きで牛乳よりも消化しやすいのです。

たんぱく質はアミノ酸が形成しているのですが、
必須アミノ酸という体内で合成できないアミノ酸を
チーズや牛乳には8〜9種類も含まれているのです。

この必須アミノ酸はバストアップにも欠かせない
重要な栄養素なのでそれらがバランス良く含まれる
チーズは完全たんぱく質食品と呼ばれているほどです。


様々なチーズがあるので、楽しんでみてください。


>>他のチーズを見る

柑橘系でバストアップ

みかん等の柑橘系の果物バストアップのために
取り入れると良い食品です。

柑橘系にはクエン酸やビタミンCが豊富に含まれるため、
美容や健康に効果が期待できます。

柑橘系の食品はバストアップや肌荒れなどの
美容系のサプリメントや化粧品等に良く含まれています。

ビタミンCは美容に欠かせない事は知られていますが、
クエン酸も新陳代謝を活発にしてくれたり、
疲労物質である乳酸を減少してくれる役割があるので
バストアップだけでなく美しくなる為には効果があります。

バナナでバストアップ

バナナはエネルギーになる事で有名ですが、
バストアップにも良い食品のひとつです。

バナナにはカリウム、マグネシウム、カロチン、
ビタミンB群などが含まれており、
美容に効果がある事で知られています。

バナナのような南国の果物は、日本人の体に
あわない事もあります。また、元々暑い国の果物なので、
常温で保存するのが好ましいようです。

また、バナナは熟す段階によって効果が違います。
青いバナナは便秘に良いとされ、ダイエットや
美肌効果が期待できると言われています。
黄色くなってきたバナナにはカリウムや
マグネシウムが豊富に含まれているので、
血液の流れが良くなると言われています。

いわしでバストアップ

いわしバストアップに効果的な栄養素が
豊富に含まれている食べ物です。

いわしのたんぱく質から作られたいわしペプチド
(サーデンペプチド)は血圧を降下させる働きがあります。

また、いわしに含まれる成分のひとつである
ビタミンB6はバストアップに関係のある女性ホルモン
には欠かせない栄養素です。

他にも悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やす働きや
頭の働きを良くすると言われている
DHA(ドコサヘキサエン酸)も多く含んでいます。

バストアップキャンディ

バストアップキャンディなるものが、
最近売り出されている。

プエラリアは元々はタイ北部の熱帯に自生する
マメ科の植物で、タイ国内では若返りの薬として
昔から愛用されてきたそうです。
タイではガウクルアと呼ばれています。

高純度なプエラリアは1日の最大摂取量が
200mgを超えてはいけないといわれています。

このバストアップキャンディには
1粒に120mgのプエラリアエキスが含有されており、
1日に1粒なめれば効果は充分だそうです。

モニターで募集した人達が、
プラジャーを買い替えないとモニター続行できないと
クレーム(?)が来たと言ってますが、
本当なのでしょうか?(笑)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。